認可を受けたFXブローカーを選ぶ理由

認可を受けたFXブローカーを選ぶ理由
認可を受けたFXブローカーを選ぶ理由

外国為替市場ではきわめて流動性の高い市場が週6日、1日24時間用意されており、1日の取引高は5兆ドルにも及びます。取引にはいつでも簡単に参加・退出することができますが、規制当局から認可を受けたブローカーを利用することで初めて公正な取引が保証され、安全に資金を運用することができます。

規制は投資家を助ける

為替市場では信頼できるFXブローカーを選んで取引することが極めて重要です。インターネット上にはお勧めのブローカーのリストを掲載したサイトや役に立つレビューがあふれています。なぜブローカーを慎重に選ぶべきなのかに対する回答はいくつかありますが、最も分かりやすい答えは規制当局の監視の下で安全に取引できるというものでしょう。やっとの思いで築いた資産を無認可のブローカーに持ち逃げされたら手の打ちようがありません。

よく知られた規制当局としては、米国の商品先物取引委員会(CFTC)や先物協会(NFA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国の金融行動監視機構(FCA)などが挙げられます。

ブローカーを選ぶ際はその所在地を把握しておくことが重要です。これは先進諸国では、問題が発生して資金を引き上げる必要が生じた場合に当該国の法律が手助けになる場合があるためです。

FXブローカーはどれも同じということはありません。非常に信頼できるブローカーもありますが、いかがわしいものも数多く存在します。自分に合った取引ができるかどうかだけでなく、取引全体を見渡して最も利益となるブローカーを各自が責任を持って探し出す必要があります。

取引の世界ではセキュリティが大きな役割を果たしています。安全なネットワークがあって初めて安心して取引ができ、取引の秘匿性が担保されます。規制当局から認可を得る手続きには、このようなセキュリティとシステムの安全性の確保も含まれています。

金融商品

規制当局の監視対象には取引の公正性、法の遵守、セキュリティだけでなく、ブローカーが扱う金融商品も含まれます。たとえば、バイナリー オプションが利用可能な国があれば、特定の金融商品のみ取引が許可されている国もあるといった具合です。これは、ブローカーによっては取り扱える金融商品が制限されていることを意味しています。そのため、事前に自分の投資戦略に沿った金融商品が取引できるかどうかを確認する必要があります。

FXブローカーを探す際に投資家の多くは使い易いプラットフォームを見つけることに熱心ですが、最適なブローカーにたどり着くには規制当局から認可を受けているかどうかに注目することも大切です。透明性があり裏がないブローカーは往々にして実績も高く、外国為替市場では最も安心して取引できるといえます。

お見逃しなく!

Discover what's moving the markets. Sign up for a daily update delivered to your inbox

最新の記事

全てを見る

トッププロモーション

トップブローカー

IMPORTANT DISCLAIMERS
The content provided on the website includes general news and publications, our personal analysis and opinions, and contents provided by third parties, which are intended for educational and research purposes only. It does not constitute, and should not be read as, any recommendation or advice to take any action whatsoever, including to make any investment or buy any product. When making any financial decision, you should perform your own due diligence checks, apply your own discretion and consult your competent advisors. The content of the website is not personally directed to you, and we does not take into account your financial situation or needs.The information contained in this website is not necessarily provided in real-time nor is it necessarily accurate. Prices provided herein may be provided by market makers and not by exchanges.Any trading or other financial decision you make shall be at your full responsibility, and you must not rely on any information provided through the website. FX Empire does not provide any warranty regarding any of the information contained in the website, and shall bear no responsibility for any trading losses you might incur as a result of using any information contained in the website.The website may include advertisements and other promotional contents, and FX Empire may receive compensation from third parties in connection with the content. FX Empire does not endorse any third party or recommends using any third party's services, and does not assume responsibility for your use of any such third party's website or services.FX Empire and its employees, officers, subsidiaries and associates, are not liable nor shall they be held liable for any loss or damage resulting from your use of the website or reliance on the information provided on this website.
RISK DISCLAIMER
This website includes information about cryptocurrencies, contracts for difference (CFDs) and other financial instruments, and about brokers, exchanges and other entities trading in such instruments. Both cryptocurrencies and CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money. You should carefully consider whether you understand how these instruments work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.FX Empire encourages you to perform your own research before making any investment decision, and to avoid investing in any financial instrument which you do not fully understand how it works and what are the risks involved.
フォローしてください。