FXEMPIRE
すべて
Ad
広告
広告
Shota Ikeda
ブックマークに追加
仮想通貨市場は上昇・下落を繰り返しながら、少しずつ市場規模を拡大させてきました。2018年初期のバブル崩壊以降も、しばらくは相場が冷え込んでいましたが、2020年末からDeFiやNFTのブームを機に、再び相場は加熱し始めています。 今回は2021年前半のビットコインの値動きを振り返りながら、今後の相場の方向について考察します。

2021年前半のビットコインの値動きを振り返る

2021年4月、ビットコインの価格は700万円を超え、史上最高値を更新しました。

 

広告
Bitcoinがどこへ向かっているのかお分かりですか? 今すぐ活用しましょう 

Your Capital is at Risk

ところが5月以降、加熱していた市場は徐々に冷めていき、下落局面へと移ります。

2021年前半にビットコインが上昇した要因は複数ありますが、大きな要因はテスラ社のビットコイン購入発表や、PayPal社の仮想通貨決済導入などが挙げられるでしょう。

 

2017年の仮想通貨バブルと比べると、多くの大企業が仮想通貨市場に参入しているため、機関投資家による期待感も高まっていると推測されます。

 

また、2021年5月以降にビットコインが下落した要因は、テスラ社のイーロン・マスク氏の売却宣言や、アメリカの金融緩和縮小(テーパリング)などでしょう。

仮想通貨は大口投資家の動きに左右されやすく、実際にマスク氏の発言により、ビットコインは大きく値動きしている様子が見受けられます。

 

出典:TradingView

広告

今後のビットコインの値動きについて考察

 

それでは、今後ビットコインの価格はどうなるのでしょうか。

値動きに大きく影響を与える可能性のある要素と、チャートの動きから考察してみましょう。

2021年11月にアップデートを控えているビットコイン

ビットコインは11月に「Taproot」と呼ばれる大型アップデートが実施される予定。

 

このアップデートにより、プライバシー強化や取引処理の効率化が期待できます。

Taprootの大きなポイントは、「Schnorr(シュノア)署名」の導入です。

 

今までのビットコインの取引処理では、ブロック内に複数のマイナーの公開鍵を記録する必要がありました。

ところがシュノア署名が導入されれば、ブロックに記録する公開鍵は一つだけで良いため、データの容量を削減できるのです。

 

ブロックチェーンのデータ容量を抑えられれば、取引に必要な手数料を削減することも期待できるため、スケーラビリティ問題の改善にも繋がるでしょう。

ビットコインの日足チャートを確認

次にビットコインのチャートを確認します。

 

出典:TradingView

(黄色:50日MA 赤色:200日MA)

日足チャート上にトレンドラインを引いています。

8月頭にレジスタンスラインを超え、それ以降にサポートラインをブレイクしなければ、上昇トレンド継続を期待できます。

とはいえレジスタンスライン・サポートラインの交差する付近に至るまでは、短期的に下落することもあるでしょう。

ブレイクしたレジスタンスラインを価格が下抜けないかどうかがポイントになると考えられます。

 

また、50日移動平均線および200日移動平均線の動きにも注目です。

この後で50日移動平均線が200日移動平均線を上抜け、ゴールデンクロスを形成すれば、レジサポの交わるところに価格が達する前に上昇すると推測できます。

 

お見逃しなく!
市場を動かしている情報を発見しましょう。メールで毎日の最新情報が配信されるように、登録してください。

最新の記事

すべてを見る

認可を受けたブローカーで取引する

重要な免責事項
ウェブサイトで提供されるコンテンツには、一般的なニュースや出版物、私たちの個人的な分析や意見、および教育および研究目的のみを目的とした第三者によって提供されるコンテンツが含まれます。 これは、投資や製品の購入など、いかなる行動を取るための推奨やアドバイスを構成するものではなく、またそのように読まれるべきではありません。 財務上の決定を行うときは、独自のデューデリジェンスチェックを実行し、独自の裁量を適用して、有能なアドバイザーに相談する必要があります。 ウェブサイトのコンテンツは個人的にあなたに向けられたものではなく、あなたの財政状況やニーズを考慮していません。このウェブサイトに含まれる情報は必ずしもリアルタイムで提供されるわけではなく、必ずしも正確でもありません。ここに記載されている価格は、取引所ではなくマーケットメーカーによって提供される場合があります。取引またはその他の財務上の決定はすべてお客様の責任であり、Webサイトを通じて提供される情報に依存してはなりません。 FX Empireは、ウェブサイトに含まれる情報に関していかなる保証も提供せず、ウェブサイトに含まれる情報を使用した結果として発生する可能性のある取引損失について責任を負わないものとします。ウェブサイトには、広告やその他のプロモーションコンテンツが含まれる場合があります。 、およびFX Empireは、コンテンツに関連して第三者から報酬を受け取る場合があります。FX Empireは、第三者を推奨したり、第三者のサービスの使用を推奨したりすることはなく、そのような第三者のWebサイトまたはサービスの使用について責任を負いません。FX Empireおよびその従業員、役員、子会社、および関連会社は、お客様によるWebサイトの使用またはこのWebサイトで提供される情報への依存に起因する損失または損害について、責任を負わず、
リスクの免責事項
このウェブサイトには、暗号通貨、差金決済(CFD)およびその他の金融商品、およびそのような商品を取引するブローカー、取引所、その他のエンティティに関する情報が含まれています。 暗号通貨とCFDはどちらも複雑な手段であり、お金を失うリスクが高くなります。 これらの商品がどのように機能するかを理解しているかどうか、そしてお金を失うリスクが高いかどうかを慎重に検討する必要があります。FX Empireは、投資を決定する前に独自の調査を行い、その仕組みとそれに伴うリスクを完全に理解していない金融商品への投資を避けることをお勧めします.