FXEMPIRE
すべて
Ad
広告
広告
Reuters
ブックマークに追加
日経平均は3日続伸、年初来高値を更新 31年ぶり水準に
日経平均は3日続伸、年初来高値を更新 31年ぶり水準に

引き続き物色意欲が強い中で上値追いに弾みがつき、ともに31年ぶりの高値水準となった。

13日の米国株式市場はS&P総合500種が6営業日ぶりに反発。市場では下院民主党による連邦法人税率引き上げ案や週内に発表される米インフレ指標に注目が集まったという。ダウ工業株30種も反発したが、ナスダック総合は続落して取引を終えた。

広告
市場がどこへ向かっているのかお分かりですか? 今すぐ活用しましょう 

CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money rapidly due to leverage. The vast majority of retail investor accounts lose money when trading CFDs. You should consider whether you understand how CFDs work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.

日本株は前日までの好地合いを引き継いで、上昇してスタート。主力銘柄を中心に物色されて上値を追い、取引時間中の年初来高値を更新した。その後は、急速な上昇に対する警戒感や過熱感に加え、高値更新による目標達成感も生じ、いったん利益確定売りに押された。ただ、先高感も根強く、後場には高値圏でのもみあいが続いて、終値ベースでも年初来高値の更新となった。

TOPIXは先に年初来高値を上抜けており、日経平均も続いたことで、市場では「本格的な上昇波動入りがあらためて確認された」(SMBC日興証券の太田千尋投資情報部部長)との声が聞かれた。

一方、25日移動平均線からの乖離率が7.62%となり、過熱感の目安とされる5%を引き続き超えている。「目先の過熱感は否めず、スピード調整が生じやすい」(太田氏)ともみられている。

TOPIXは1.01%高で取引を終了。東証1部の売買代金は3兆3450億2400万円と膨らんだ。東証33業種では、上昇率上位が保険業、海運業、石油・石炭製品だった一方、下落したのは鉱業、その他製品、医薬品、電気・ガス業の4業種だった。

トヨタ自動車やソニーグループ、ホンダなどの主力株がしっかりだったほか、日本製鉄が年初来高値を更新。東京エレクトロンなど半導体関連もプラスが多かった。一方、ソフトバンクグループやファーストリテイリング、任天堂は軟調だった。

東証1部の騰落数は、値上がり1707銘柄に対し、値下がりが380銘柄、変わらずが101銘柄だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値

日経平均 30670.10 +222.73 30584.77 30,504.81─30,795.78

TOPIX 2118.87 +21.16 2105.79 2,103.02─2,120.18

東証出来高(万株) 133901.00 東証売買代金(億円) 33450.24

 

広告
お見逃しなく!
市場を動かしている情報を発見しましょう。メールで毎日の最新情報が配信されるように、登録してください。

最新の記事

すべてを見る

認可を受けたブローカーで取引する

重要な免責事項
ウェブサイトで提供されるコンテンツには、一般的なニュースや出版物、私たちの個人的な分析や意見、および教育および研究目的のみを目的とした第三者によって提供されるコンテンツが含まれます。 これは、投資や製品の購入など、いかなる行動を取るための推奨やアドバイスを構成するものではなく、またそのように読まれるべきではありません。 財務上の決定を行うときは、独自のデューデリジェンスチェックを実行し、独自の裁量を適用して、有能なアドバイザーに相談する必要があります。 ウェブサイトのコンテンツは個人的にあなたに向けられたものではなく、あなたの財政状況やニーズを考慮していません。このウェブサイトに含まれる情報は必ずしもリアルタイムで提供されるわけではなく、必ずしも正確でもありません。ここに記載されている価格は、取引所ではなくマーケットメーカーによって提供される場合があります。取引またはその他の財務上の決定はすべてお客様の責任であり、Webサイトを通じて提供される情報に依存してはなりません。 FX Empireは、ウェブサイトに含まれる情報に関していかなる保証も提供せず、ウェブサイトに含まれる情報を使用した結果として発生する可能性のある取引損失について責任を負わないものとします。ウェブサイトには、広告やその他のプロモーションコンテンツが含まれる場合があります。 、およびFX Empireは、コンテンツに関連して第三者から報酬を受け取る場合があります。FX Empireは、第三者を推奨したり、第三者のサービスの使用を推奨したりすることはなく、そのような第三者のWebサイトまたはサービスの使用について責任を負いません。FX Empireおよびその従業員、役員、子会社、および関連会社は、お客様によるWebサイトの使用またはこのWebサイトで提供される情報への依存に起因する損失または損害について、責任を負わず、
リスクの免責事項
このウェブサイトには、暗号通貨、差金決済(CFD)およびその他の金融商品、およびそのような商品を取引するブローカー、取引所、その他のエンティティに関する情報が含まれています。 暗号通貨とCFDはどちらも複雑な手段であり、お金を失うリスクが高くなります。 これらの商品がどのように機能するかを理解しているかどうか、そしてお金を失うリスクが高いかどうかを慎重に検討する必要があります。FX Empireは、投資を決定する前に独自の調査を行い、その仕組みとそれに伴うリスクを完全に理解していない金融商品への投資を避けることをお勧めします.