Eコマース企業がもたらす金融業界への影響

FX Empire Editorial Board
Trolley

インターネットとスマホの使用が増加するにつれ、Eコマース企業は世界中で驚異的な急成長を遂げています。Eコマース企業はすべての国において経済的な利益をもたらしています。 利益は、短期的には先進国に集中する可能性が高いですが、長期的には発展途上国にて多くの利益を得ることが示唆されます。 国際貿易の量はECサイトを通じて益々増加し、今後金融業界へも影響をもたらすことが予測されています。Eコマース企業がもたらす金融業界への影響の可能性について、「決済サービス」、「オートメーションがもたらす金融業界の変化」、「Eコマース企業の銀行業参入の可能性」の3つ観点から取り上げます。

1.決済サービス

ここ数年決済サービスは大きく進化を続けています。決済サービス領域には、「オンライン決済の浸透から店頭でのQRコードなどを使った対面決済への進出」、「スマホを使ったモバイルペイメントの拡大」、「ID決済の拡大」の3つの大きなトレンドがあります。特に3つ目の「ID決済の拡大」においては、Amazonが展開するAmazon Payの影響が大きく、この流れに他の大手ECサイトの事業者も追随している形となっています。世界最大のECサイトのShopifyは、昨年実施した大幅なローカライゼーションの一部として、Shopify ペイメントの日本上陸を果たしています。

決済サービスの選択肢が年々増えてきており、どのサービスが自社ECサイトに適しているか検討し続けています。

2.オートメーションがもたらす金融業界の変化

キャッシュレス化によって、多くの情報がリアルタイムで把握可能になる中、売上報告や、資金繰りなどの判断のオートメーションが可能となり、以前社内で確認していた情報は、今後スマホでどこでも意思決定できる状態へと移行していきます。

3.Eコマース企業の銀行業参入の可能性

2017年末、金融業界に「アマゾンが銀行業に進出するのでは」という噂が広がりました。アメリカでは銀行業に対する規制緩和を求める動きがあり、以前から噂されていたテック系企業(Google、Apple、Facebook、アマゾンなど)の銀行業参入が本格化する可能性があります。この報道はあくまでも噂でしたが、今後はテック系企業だけではなく、オンライン上にて大きな力を発揮しているEコマース企業が銀行業に参入する可能性は考慮しておくべきだと言えます。

ECサイトは金融機関や国民の私生活、ビジネスを変える可能性のある革新をもたらしています。今後は金融業界をはじめ、社会をどのように変えていくのか、注目すべきです。

お見逃しなく!

Discover what's moving the markets. Sign up for a daily update delivered to your inbox

最新の記事

全てを見る

人気がある

シンボルPRICE変化
EURUSDEUR/USD
GBPUSDGBP/USD
XAUUSDGold
CLCrude Oil
SPXS&P 500
Loading
Loading
IMPORTANT DISCLAIMERS
The content provided on the website includes general news and publications, our personal analysis and opinions, and contents provided by third parties, which are intended for educational and research purposes only. It does not constitute, and should not be read as, any recommendation or advice to take any action whatsoever, including to make any investment or buy any product. When making any financial decision, you should perform your own due diligence checks, apply your own discretion and consult your competent advisors. The content of the website is not personally directed to you, and we does not take into account your financial situation or needs.The information contained in this website is not necessarily provided in real-time nor is it necessarily accurate. Prices provided herein may be provided by market makers and not by exchanges.Any trading or other financial decision you make shall be at your full responsibility, and you must not rely on any information provided through the website. FX Empire does not provide any warranty regarding any of the information contained in the website, and shall bear no responsibility for any trading losses you might incur as a result of using any information contained in the website.The website may include advertisements and other promotional contents, and FX Empire may receive compensation from third parties in connection with the content. FX Empire does not endorse any third party or recommends using any third party's services, and does not assume responsibility for your use of any such third party's website or services.FX Empire and its employees, officers, subsidiaries and associates, are not liable nor shall they be held liable for any loss or damage resulting from your use of the website or reliance on the information provided on this website.
RISK DISCLAIMER
This website includes information about cryptocurrencies, contracts for difference (CFDs) and other financial instruments, and about brokers, exchanges and other entities trading in such instruments. Both cryptocurrencies and CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money. You should carefully consider whether you understand how these instruments work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.FX Empire encourages you to perform your own research before making any investment decision, and to avoid investing in any financial instrument which you do not fully understand how it works and what are the risks involved.
フォローしてください。