経済ニュース, ページ

  • 経済指標カレンダー 6月5日

    您正在收看的是6月5号星期一的经济日历,下面是将要发布的重要新闻纲要。首先在周日晚间11点30分将要发布的是备受澳元交易者们关注的5月澳大利亚服务业表现指数,过去两个月该指数有所回升,在2月下跌至负值区域后。随着圣灵降临节 的到来,星期一包括德国,法国和瑞士在内的几个欧洲国家将会休市。5月日本服务业PMI将会在凌晨12点30分发布,4月份该指数从3月份达到的19个月高点下滑。5月中国财新服务业PMI将会在凌晨1点45分发布,4月份的数据令人失望,随着该指数出现连续第四个月的下跌。5月英国服务业PMI将会在上午8点30分发布,4月份英国服务业实际增长超过预期,达到5个月高点。接下来在格林尼治标准时间下午2点钟将要发布的是5月美国ISM非制造业PMI,由于新订单的显著上涨,4月份该指数强劲反弹。4月美国工厂订单将会在同一时间发布,在经历了两个月的预期增长后,3月份的数据意外下降。而在晚间11点01分将要发布的是5月英国BRC同比销售额,在经过三个月的下滑后,4月份销售额恢复增长。备受澳元交易者们关注的在凌晨4点30分澳大利亚储备银行将会发布其最新货币政策声明,交易者们对加息并不期待,但是他们将会观察有关经济前景的评论。

    詳細を読む
  • 経済指標カレンダ

    経済指標カレンダー 5月24日

    水曜日にカナダ中央銀行の政策金利が発表されます。GMT6時日本時間15時に6月のドイツGFK消費者信頼感が発表されます。5月に指数は0.4ポイント上昇し、経済成長に更なる期待が高まっていることが見られます。12時45分日本時間21時45分にECBのドラギ総裁が経済安定についてマドリードからスピーチを行います。総裁の発言は影響力があるため注目が集まっています。4月のアメリカ中古住宅販売件数が14時日本時間23時に発表されます。3月には供給不足が報告されていましたが、結果はは4.4%と大変良好な結果でした。同じ時間にカナダ中央銀行が最新の政策金利を発表します。今回も利上げは据え置きになると予想されていますが、経済状況の報告も含まれますので通貨への影響があるかもしれません。最後にアメリカFRBの5月議会議事録が18時日本時間3時に発表です。予想された通り5月に金利の変化はありませんでしたが、遅い経済成長に懸念が示されました。

    詳細を読む
  • 今年最も影響力のあった人物に選ばれたドナルド・トランプ氏

    2016年に最も影響力のあった人物

    今年マーケットに歓迎すべきを変動もたらし、投資家にチャンスやリスクを与えた人物として思い出せるのは誰だろう?ドナルド・トランプがジャネット・イエレンを抑えて1位に輝いた。ただし、トランプ氏は自分の後ろにイエレンの名前があることが気に入らないかもしれないが。11月4日(金)から昨日(までに起きた出来事を振り返ると他の誰かを1位に選出するのは難しいだろう。ドル スポット指数が6.06%上昇。金が13.3%急落。ドル円が112円から117.55円に上昇。ドルが13.99%も上昇したことは、次期大統領が実際にはリスクに寛容なことの表われである。ダウが17,888.28から19,942.09に上昇。11.5%の上昇率は金や円の動きほどインパクトはないものの、これは最も注目に値する出来事だ。マーケットですでに高すぎると考えられていた株価が7週間足らずで1,000ポイント超も上昇したことは奇跡的といえる。FRB(連邦準備制度理事会)議長は世界的な金融危機という荒波の中でFEDの舵をとり、米国経済を今日の成熟した姿へと巧みに誘導した。その手腕は評価に値するだろう。この2人に続くのは以下の人物だ。ウラジミール・プーチン: 米大統領選への関与というセンセーショナルな話題については依然議論の余地があるだろう。3位としたが、1年を通して国際政治に対して大きな影響力を持ち、トルコや米民主党との緊張関係が続いたことによって間接的に市場への影響を保持し続けた。中東政策については言うまでもないだろう。プーチン氏が仕掛けるグローバル ゲームは、1月20日のトランプ次期大統領の就任を待って完成するかもしれない。ロシア ルーブルは年初から15.6%上昇した。一つ確実に言えるのは、4年後に米民主党が政権に返り咲いたときに受け継ぐ問題は簡単ではないだろうということだ。黒田東彦: 日本銀行総裁は、1月末に歴史上初となるマイナス金利の導入に踏み切ったが、決定翌日に円相場は3.5%上昇した。市場ストレスとFEDがよりハト派的な見通しへとシフトする時期は、日銀の金融政策および為替介入が円の需要に与える影響は限定的である。日銀総裁はこの鉄則を忘れていたようだ。黒田総裁は国会を相手に今日に至るまでの決定を正当化する必要に迫られている。日銀単独で2%のインフレ目標を達成できるかどうかが注視されている。デビッド・キャメロン: 欧州連合離脱(ブレグジット)の大部分はデビット・キャメロンによるものである。ブレグジット派ですらこの結果がもたらした衝撃への準備は不十分だったが、これはブレグジット派の責任というよりも政府の手腕が欠如していたことを明確に物語っている。結局、首相は肩をふるわせながら辞職したが、国民投票前に1.4877ドルだった英ポンドは投票後に1.2123ドルへと暴落した。また、10月にはフラッシュ クラッシュ(瞬間的な暴落)によって、わずか1分足らずの間に英ポンドは9%下がり1.14ドルに急落したことも忘れてはならない。チャートを更新した誰もが目を疑ったことだろう。マーク・カーニー: イングランド銀行総裁がランクインすることに異論をはさむ者はいないだろう。欧州連合(EU)離脱を問う国民投票の結果を受けて行った、穏やかだが威厳に満ちた演説は直近のマーケットの混乱を緩和するのに一役買った。国民投票後に一時5,982.2まで急落したFTSE100は数日で元の水準まで回復したが、これはマーケットがカーニー総裁の信用を買ったということに他ならない。ブレグジットの混乱により国民投票直後に世界の株式時価総額が2.08兆ドル失われた。ハーリド・アル=ファーリハ: 一般的にOPEC加盟国が石油減産の合意に達した場合は事務局長の手柄だと考えられがちだが、最終的な合意に至る過程で石油価格の安定のために涙を呑んだ、サウジアラビアの貢献を無視することはできないだろう。WTI原油先物価格は2月には一時26.02ドルまで急落した。4 月に合意に失敗した後、サウジアラビアがイランとの対立を解消できるだろうかという疑念があったが、最終的には譲歩してWTI原油先物価格は現在52.5ドルを付けている。OPECが減産の合意に達したのは実に8年ぶりのことである。2017年はEU主要加盟国での選挙が控えており、欧州金融危機やアジア債務危機が危惧されている。来年の終わりに振り返った時、2016年は平和な年だったと思えるかもしれない。取引に参加して生き残る人もいれば、取引から降りて運がよかったといえる人もいるだろう。

    詳細を読む
  • リスクセンチメントは米国の景気動向次第

    欧州中央銀行(ECB)は10日、市場が想定していた以上の緩和強化に踏み切った(主な政策変更内容を参照)。しかし、その後の記者会見でドラギ総裁が追加の利下げについて否定的見解を示したことで、グローバル市場は暗転。欧米株式市場と原油価格は下落し、外為市場ではユーロ相場が急騰した。2月11日以降、各市場ではリスク選好への回帰ムードが高まっているが、ドラギ発言がそのムードに水を差すかたちとなった。ECBの緩和強化でさらなるリスク選好へ-この思惑が外れた今、米国経済がリスク選好の先導役を果たせるかどうか、市場の関心はこの点にシフトしよう。【ECB理事会(10日)-主な政策変更内容】1政策金利を年0.05%から0%へ引き下げ2中銀預金金利をマイナス0.3%から0.40%へ拡大3QEの月次買入れ額を200億ユーロ増額し毎月800億ユーロへ拡充4買入れ対象に高格付けの社債を追加5長期資金供給策の追加(4年物)リスク選好回帰継続のシナリオ目先、米国イベントで注視すべきは、15-16日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)と指標データとなろう。前者に関する大方の市場予想は利上げの見送り。「ハト派のFOMC」となれば、利上げペース鈍化の期待が高まることで株式市場にとってはプラス要因、と捉える意見がある。しかし、ことはそう単純ではない。何故なら「ハト派のFOMC」は、市場関係者に「米国経済はやはり減速しているのか」という懸念を惹起させる可能性(=株式市場にとってのマイナス要因となる可能性)もあるからだ。では、「ハト派のFOMC」を前提とした場合、どちらの要因がより意識されるのか?その鍵は、来週以降に発表される重要指標データが握るだろう。特に来週は、個人消費関連指標(2月小売売上高)、インフレ関連指標(2月生産者物価指数(PPI) / 同月消費者物価指数(CPI))そして製造業関連指標(3月ニューヨーク連銀製造業景気指数 / 同月フィラデルフィア連銀製造業景気指数)といった重要指標データの発表が目白押しとなっている。「ハト派のFOMC」プラス「良好な指標データ」は「米金融引締め懸念の後退」プラス「米景気減速懸念の後退」を意味する。よって、米国マーケットは「株高」プラス「米金利上昇」で反応することが想定される。外為市場では米ドルを買い戻す動きが強まる展開が想定される。ドル円はレンジの上限として意識されている115.00を突破し、ヘッドアンドショルダーのネックラインである116.00を視野にドル高 / 円安となるかが注目される。一方、ユーロドルは200日移動平均線(下図日足チャートの黄ライン)を下方ブレイクすれば、再び1.08を視野にユーロ安 / ドル高となる可能性を意識したい。【小売売上高(除自動車、前月比)】【製造業関連指標】【インフレ関連指標(前月比)】リスク回避再来のシナリオ一方、「ハト派のFOMC」プラス「冴えない指標データ」となれば、リスク選好の先導役不在を背景としたリスク回避の再来を警戒したい。ドラギ発言により今後ECBの金融政策に対する不透明感が意識される可能性があり、エネルギー市場では産油国間における原油の増産凍結協議が迷走している。また、中国の景気減速懸念も依然としてくすぶり続けている。リスク回避へ回帰する材料が揃っているタイミングで米国経済の先行き不透明感が再び意識される展開となれば、株式市場では「米国経済はやはり減速しているのか」という懸念の方が強く意識されよう。そして株式市場は再び軟調地合いへ転じ、その影響は円&ユーロ買い圧力となって外為市場へ波及しよう。この場合、ドル円はレンジの下限である111.00の攻防が焦点となろう。このサポートポイントを下方ブレイクするならば、心理的節目の110円を視野に入れる展開を想定したい。一方、ユーロドルは2月高値1.1376レベルを突破し、1.14台の攻防へシフトするかどうか、この点が注目される。【ドル円日足チャート】【ユーロドル日足チャート】This article was originally posted by IG.

    詳細を読む

トッププロモーション

トップブローカー