FXEMPIRE
すべて
Ad
広告
広告

FXニュース

  • NY外為市場=ドル・円上昇、コロナ感染再拡大を懸念
    Reuters

    NY外為市場=ドル・円上昇、コロナ感染再拡大を懸念

    [ニューヨーク 19日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、安全通貨であるドル、円、スイスフランが上昇した。世界経済の回復見通しに影を落としかねない新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念された。

  • 午後3時のドル110円前半、方向感ない展開 米CPI控え様子見も
    Reuters

    午後3時のドル110円前半、方向感ない展開 米CPI控え様子見も

    [東京 12日 ロイター] –ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円午後3時現在 110.16/18 1.1865/69 130.72/76午前9時現在 110.20/22 1.1870/74 130.84/88NY午後5時 110.14/16 1.1873/77 130.74/78

  • NY外為市場=ドル下落、リスク選好改善
    Reuters

    NY外為市場=ドル下落、リスク選好改善

    [ニューヨーク 9日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドルが下落。株価が世界的に安定するなど、リスク選好が上向いた。

  • NY外為市場=ドル小幅高、FOMC議事要旨受け
    Reuters

    NY外為市場=ドル小幅高、FOMC議事要旨受け

    [ニューヨーク 7日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小幅に上昇した。7日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では、米連邦準備理事会(FRB)メンバーがインフレの兆候と金融安定性を巡る懸念に取り組んでいることが明らかになったが、大きなサプライズはなかった。

  • [東京 7日 ロイター] - ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円 午後3時現在 110.58/60 1.1829/33 130.82/86 午前9時現在 110.59/61 1.1821/25 130.74/78 NY午後5時 110.60/63 1.1822/25 130.77/81
    Reuters

    午後3時のドル110円半ば、米FOMC議事要旨控え底堅さ

    [東京 7日 ロイター] –ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円午後3時現在 110.58/60 1.1829/33 130.82/86午前9時現在 110.59/61 1.1821/25 130.74/78NY午後5時 110.60/63 1.1822/25 130.77/81

  • 午後3時のドル111円前半、米休場で動意薄
    Reuters

    午後3時のドル111円前半、米休場で動意薄

    [東京 5日 ロイター] –ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円午後3時現在 111.12/14 1.1851/55 131.72/76午前9時現在 111.13/15 1.1854/58 131.74/78NY午後5時 111.04/07 1.1864/66 131.72/76

  • NY外為市場=ドル上昇、米雇用統計に注目
    Reuters

    NY外為市場=ドル上昇、米雇用統計に注目

    [ニューヨーク 1日 ロイター] – ニューヨーク外為市場ではドルが上昇し、一時主要通貨バスケットに対し3カ月ぶり高値を付けた。しかし、6月の米雇用統計の発表を2日に控え、狭いレンジでの取引となった。

  • NY外為市場=ドル2カ月半ぶり高値、月間では16年11月以来の大幅上昇
    Reuters

    NY外為市場=ドル2カ月半ぶり高値、月間では16年11月以来の大幅上昇

    [ニューヨーク 30日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが2カ月半ぶりの高値を付けた。月間では約3%高と2016年11月以来の大幅な上昇を記録。米連邦準備理事会(FRB)の予想外のタカ派シフトと新型コロナウイルス変異株「デルタ」の感染拡大を巡る懸念が支援した。

  • 午後3時のドル110円半ば、感染再拡大でクロス円は総じて軟調
    Reuters

    午後3時のドル110円半ば、感染再拡大でクロス円は総じて軟調

    [東京 30日 ロイター] –ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

  • ドル横ばい、予想下回るインフレ指標で一時下落=NY市場
    Reuters

    ドル横ばい、予想下回るインフレ指標で一時下落=NY市場

    [ニューヨーク 25日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、米インフレ指標が市場予想を下回ったことを受け、ドルが序盤に下落したが、その後切り返し終盤ではほぼ横ばいとなった。

  • 午後3時のドル110円後半、1年3カ月ぶりの111円台から反落
    Reuters

    午後3時のドル110円後半、1年3カ月ぶりの111円台から反落

    [東京 24日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の110円後半。ドルは一時111.11円と昨年3月以来の高値を付けたが、久々の111円台では実需や短期筋の売りが集中し、ドルの一段高を阻んだ。

  • 午後3時のドルは110円後半で上値重い、クロス円は再び円安基調に
    Reuters

    午後3時のドルは110円後半で上値重い、クロス円は再び円安基調に

    [東京 23日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点(110.64/67円)に比べて小幅にドル高/円安の110円後半で推移している。米長期金利の上昇は一服感もみられ足元では1.5%を割れる水準となり、ドルの騰勢も限定的となった。一方、リスクセンチメントの改善からクロス円では再び円安基調が強まった。

  • NY外為市場=ドル下落、買い一服 ビットコイン急落
    Reuters

    NY外為市場=ドル下落、買い一服 ビットコイン急落

    [ニューヨーク 21日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)がタカ派姿勢に傾く中、ドル買いが一服した。新型コロナウイルス禍に見舞われた昨年3月以降続くドルベアの流れが収束するかどうかに注目が集まる。

  • NY外為市場=ドル上昇、リスク選好度低下で安全買い
    Reuters

    NY外為市場=ドル上昇、リスク選好度低下で安全買い

    [ニューヨーク 18日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドル指数が引き続き上昇した。連邦準備理事会(FRB)が15─16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ時期の見通しを2024年から23年に前倒して以来、ドルは強含んでいる。

  • NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見通しで
    Reuters

    NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見通しで

    [ニューヨーク 17日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が上昇し2カ月ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス禍後の最初の利上げ時期の見通しを2024年から23年に前倒したことを受けた。

  • NY外為市場=ドル上昇し6週ぶり高値、FRBのタカ派姿勢で
    Reuters

    NY外為市場=ドル上昇し6週ぶり高値、FRBのタカ派姿勢で

    [ニューヨーク 16日 ロイター] – ニューヨーク外為市場ではドル指数が上昇し、約6週ぶりの高値を付けた。連邦準備理事会(FRB)が利上げ予想時期を2023年に前倒ししたことが材料視された。

  • NY外為市場=FOMC控えドル横ばい、ビットコイン一時4万ドル台
    Reuters

    NY外為市場=FOMC控えドル横ばい、ビットコイン一時4万ドル台

    [ニューヨーク 14日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドル指数がほぼ横ばいで推移した。市場では、15─16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策見通しの変更が示唆される可能性があるとして、様子見姿勢が高まっている。

  • ドルが対ユーロやポンドで上昇、来週のFOMCに注目=NY市場
    Reuters

    ドルが対ユーロやポンドで上昇、来週のFOMCに注目=NY市場

    [ニューヨーク 11日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロやポンドで上昇。ユーロ圏や英国の金利が当面低水準にとどまることが見込まれる中、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる。

  • NY外為市場=ドル小幅安、市場の注目はFOMCに
    Reuters

    NY外為市場=ドル小幅安、市場の注目はFOMCに

    [ニューヨーク 10日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が小幅安。米インフレ指標と欧州中央銀行(ECB)理事会の声明を受け、プラス圏とマイナス圏を交互に行き交う展開となった。投資家は来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目している。

  • NY外為市場=ドル横ばい、米インフレ指標やECB理事会に注目
    Reuters

    NY外為市場=ドル横ばい、米インフレ指標やECB理事会に注目

    [ニューヨーク 9日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドルがほぼ変わらず。欧州中央銀行(ECB)理事会と米消費者物価指数(CPI)の発表を10日に控え、様子見気分が強く、主要通貨は最近のレンジ内で推移した。

認可を受けたブローカーで取引する

重要な免責事項
ウェブサイトで提供されるコンテンツには、一般的なニュースや出版物、私たちの個人的な分析や意見、および教育および研究目的のみを目的とした第三者によって提供されるコンテンツが含まれます。 これは、投資や製品の購入など、いかなる行動を取るための推奨やアドバイスを構成するものではなく、またそのように読まれるべきではありません。 財務上の決定を行うときは、独自のデューデリジェンスチェックを実行し、独自の裁量を適用して、有能なアドバイザーに相談する必要があります。 ウェブサイトのコンテンツは個人的にあなたに向けられたものではなく、あなたの財政状況やニーズを考慮していません。このウェブサイトに含まれる情報は必ずしもリアルタイムで提供されるわけではなく、必ずしも正確でもありません。ここに記載されている価格は、取引所ではなくマーケットメーカーによって提供される場合があります。取引またはその他の財務上の決定はすべてお客様の責任であり、Webサイトを通じて提供される情報に依存してはなりません。 FX Empireは、ウェブサイトに含まれる情報に関していかなる保証も提供せず、ウェブサイトに含まれる情報を使用した結果として発生する可能性のある取引損失について責任を負わないものとします。ウェブサイトには、広告やその他のプロモーションコンテンツが含まれる場合があります。 、およびFX Empireは、コンテンツに関連して第三者から報酬を受け取る場合があります。FX Empireは、第三者を推奨したり、第三者のサービスの使用を推奨したりすることはなく、そのような第三者のWebサイトまたはサービスの使用について責任を負いません。FX Empireおよびその従業員、役員、子会社、および関連会社は、お客様によるWebサイトの使用またはこのWebサイトで提供される情報への依存に起因する損失または損害について、責任を負わず、
リスクの免責事項
このウェブサイトには、暗号通貨、差金決済(CFD)およびその他の金融商品、およびそのような商品を取引するブローカー、取引所、その他のエンティティに関する情報が含まれています。 暗号通貨とCFDはどちらも複雑な手段であり、お金を失うリスクが高くなります。 これらの商品がどのように機能するかを理解しているかどうか、そしてお金を失うリスクが高いかどうかを慎重に検討する必要があります。FX Empireは、投資を決定する前に独自の調査を行い、その仕組みとそれに伴うリスクを完全に理解していない金融商品への投資を避けることをお勧めします.